臨床試験とは?

特定保健用食品の許可表示を得るには、商品の健康作用を複数の人に、ある一定の期間摂取してもらい、 定期的に検査を受けていただきます。食品を摂取し続けた結果どのような作用がどのような症状の人にきくかなどを調べるものです。
臨床試験には、食品や医薬品などの人に対する試験をさし、医薬品の場合を治験といいます。



実際の内容

食品や化粧品に対しての臨床試験になります。 食品・清涼水・などを、決められた用法で摂取して頂き(皆様が普段お口にする食品です)、 決められた来院日に指定の医療機関・病院・クリニック等に足を運んでいただき簡単な検査を受けていただきます。 (効果について確認する為)治験に伴う来院には交通費がかかったり、時間的拘束があることから、その負担を減らす目的で負担軽減費のお支払いがございます。金額は試験毎に異なります。

臨床試験に使われる食品(試験食)は、事前に安全性を調べてから使われます。
また、試験は十分に施設や職員が整った病院で行われ、試験を担当する医師も臨床経験の豊富な医師を選んでいます。

臨床試験に参加する前に必ず医師から説明があり(新GCP)、医師からの説明を受けた上で、ご自身で参加するかどうか決めていただくことができます。







もっと知りたい健康

高血圧
高血圧の原因と治療

特定保健用食品
特定保健用食品



治験モニターズとは

「治験モニターズ」は、株式会社ヘルスクリックが運営する日本治験推進機構(JCPO)の治験情報サイトです。 治験の知識を広め、ボランティア参加を希望される方に、治験情報をお知らせすることを目的としています。
治験ボランティア・健康食品モニターを大募集しております。

株式会社ヘルスクリック
日本治験推進機構(JCPO)
事務局

〒141-0031
東京都品川区西五反田7-7-7
SGスクエア
フリーダイヤル:0120-012107

お問い合わせはこちらから





日本治験推進機構では、治験ボランティア・健康食品モニターを募集しています。